日課表

photo by 涼風さん

日課表では、次の5つの時間項目を記入して頂きます。

※日課表は、症状の変化を捉える手段の一つであり、強制ではありません。

  • 睡眠時間
 
  • 活動時間
仕事・趣味・運動など
  • 無活動時間
休憩・ボーっとしている・ゴロゴロしているなど
  • 通院時間
 
  • 新規活動時間
目標としている活動・今までの生活になかった活動など

 当施設に来られる方の多くは、日常生活において、何もできない(決められない)、あるいは何でも無理にやろうとする傾向があります。 そのため、そのときの状態に応じて、どのような活動を増減させるかを判断する必要があります。 上記5つの時間項目を確認することで、日々の生活の中にどのような活動を取り入れていけば良いかをアドバイスしています。 もの作りや計測と同時並行で日課表を記録することで、日常生活にどのような活動を増減させていけば良いかを提案します。 日課表のダウンロードは、こちらから。

T&N リサーシャ
タイトルとURLをコピーしました