SSL

SSL

Rapid SSLから JPRSのSSL へ更新する手順

さくらインターネットからサーバー証明書の更新のお知らせが来ました。一昨年ぐらいまではRapid SSLでしたが、去年からJPRSに変更されました。JPRSは、Rapid SSLと比べて、認証レベルが変わらず、値段が安くなります。今回は、備忘録として、 JPRSのSSL に更新する手順を記載することにしました。
SSL

HTTP_Strict_Transport_Securityの無効化

RapidSSLの更新を忘れたことにより、サイトにアクセスすることが出来なくなりました。RapidSSLを再登録する場合、認証局が認証ファイルを確認する場合、https化されてないURLで認証ファイルが閲覧可能である必要があります。しかし、...
SSL

認証ファイル が認証されない!?(RapidSSL)

さくらインターネットでRapidSSLを利用していたのですが、更新を忘れてしまいました。この結果、安全なサイトとみなされず、サイトにアクセスできなくなってしまいました。RapidSSLを利用するには、新規に再契約し、 認証ファイル を認証局に認証してもらわなければなりません。しかし、認証クローラーがサイトにアクセスできないため、RapidSSLの認証局から認証を得られない状態でした。この原因には、リダイレクト設定やプラグイン、HSTSなど複数あるため、認証ファイルの認証に時間が掛かりました。無事に認証を得ることができたので、その方法を紹介したいと思います。私のように認証ファイルが認証されずに困っている人の参考になれば幸いです。
SSL

wwwあり ドメインのHTTPS化の変更点(さくらのSSL)

illuatrated by Tumisuさん RapidSSLの再契約を切っ掛けに wwwあり ドメインのhttps化が変更されていることに気付きました。今まで当サイトが紹介しているRapidSSLでの常時SSL化方法と異なります。...
SSL

Let’s Encrypt でRaipdSSLの更新忘れに対処する方法

さくらインターネットの有料SSLの一つ、RapidSSLを利用していたのですが、更新を忘れてしまいました。この結果、サイトにアクセスできなくなってしまいました。RapidSSLを更新するには、認証ファイルをアップデートしなければなりません。...
SSL

RapidSSLの更新 (さくらインターネット)

去年, さくらインターネットから無料期間に提供されたRapidSSLの期限が近づいてきました. 他の独自SSLに比べて価格が安く, 当サイトの運営に関しては, まだRapidSSLで十分なので, とりあえず一年間の更新をする事にしました. ...
SSL

HTTP_Strict_Transport_Security の注意点

最近, SEO対策のため, テストサイトを構築しようとサブドメインにWordpressをインストールし, いざアクセスしようとするとアクセスできませんでした. どうやら, 当サイトの完全https化を行う上で設定した HTTP_Strict...
SSL

httpとhttpsが混在 してブロックされる

独自SSL(RapidSSL)でサイトをhttps化し, 安心していたのですが, またしても問題が浮上しました. アドレスバーの鍵のマークがトップページと他のページで違うことに気付きました. そのマークをクリックしてみると, 「このページの...
タイトルとURLをコピーしました