管理者

wordpress

WordPressのサイトで スクロール操作が利かない !?

たまたま当サイトを閲覧した方からマウスの スクロール操作が利かない という指摘がありました。管理者でログインしていると気付かなかったのですが、ログアウト後に複数のブラウザで試すと、マウスどころかキーボードのカーソルキーすらスクロール操作が出...
wordpress

phpMyAdmin環境保管領域 を設定する方法

XAMPPのデータベース管理をMariaDBからMySQLに変更しました。この結果、phpMyAdminにログインすると、 phpMyAdmin環境保管領域 の設定に関するメッセージが表示されるようになりました。今回、このphpMyAdmi...
adsense

AMP自動広告 をSimplicity2に導入する方法

AdsenseのLabsには、一般公開前の新機能が紹介されています。そして、 AMP自動広告 はその機能の一つです。今までに追加されてきた機能は、取得したコードを指定の場所に貼り付ければそれで終了です。しかし、AMP自動広告の場合、AMPペ...
wordpress

Duplicator でBitnami WordPressにデータを移転する方法

以前、Eclipseでbitnami Wordpressをローカル環境でデバッグできる開発環境を構築しました。さらに、その環境下で、レンタルサーバーの環境を複製することが出来れば、Wordpressやプラグインの更新、テーマの編集、記事の作...
SSL

HTTP_Strict_Transport_Securityの無効化

RapidSSLの更新を忘れたことにより、サイトにアクセスすることが出来なくなりました。RapidSSLを再登録する場合、認証局が認証ファイルを確認する場合、https化されてないURLで認証ファイルが閲覧可能である必要があります。しかし、...
SSL

認証ファイル が認証されない!?(RapidSSL)

さくらインターネットでRapidSSLを利用していたのですが、更新を忘れてしまいました。この結果、安全なサイトとみなされず、サイトにアクセスできなくなってしまいました。RapidSSLを利用するには、新規に再契約し、 認証ファイル を認証局に認証してもらわなければなりません。しかし、認証クローラーがサイトにアクセスできないため、RapidSSLの認証局から認証を得られない状態でした。この原因には、リダイレクト設定やプラグイン、HSTSなど複数あるため、認証ファイルの認証に時間が掛かりました。無事に認証を得ることができたので、その方法を紹介したいと思います。私のように認証ファイルが認証されずに困っている人の参考になれば幸いです。
SSL

wwwあり ドメインのHTTPS化の変更点(さくらのSSL)

illuatrated by Tumisuさん RapidSSLの再契約を切っ掛けに wwwあり ドメインのhttps化が変更されていることに気付きました。今まで当サイトが紹介しているRapidSSLでの常時SSL化方法と異なります。...
SSL

Let’s Encrypt でRaipdSSLの更新忘れに対処する方法

さくらインターネットの有料SSLの一つ、RapidSSLを利用していたのですが、更新を忘れてしまいました。この結果、サイトにアクセスできなくなってしまいました。RapidSSLを更新するには、認証ファイルをアップデートしなければなりません。...
タイトルとURLをコピーしました